調剤薬局の仕事をご紹介!

薬剤師求人 > 調剤薬局で働く薬剤師の業務内容

調剤薬局で働く薬剤師の業務内容

これから薬剤師になろうとしている方や、薬剤師の資格を持っていて、調剤薬局で働きたいと思っている方のために、実際の薬剤師が日々どんな業務を行っているのか説明してみたいと思います。

朝出勤すると、開店前に必要な準備作業を行います。店舗の清掃をしたり、機械類の電源を入れるなどです。そして開店時間になると、早い患者さんは来店しますが、まだそれほど混雑していないので、その間にできる作業をしておきます。

あらかじめ処方されそうな薬を一定数にまとめておくなどです。これをやっておくと、忙しくなった時に患者さんの待ち時間を減らすことができるのです。患者さんがやって来ると、まず処方箋を受け取り、それに基づいて薬を調剤します。その薬局を初めて訪れた患者さんには、薬歴や体質などの特徴を調査します。

今飲んでいる薬が他にあるなら、飲み合わせにも注意する必要があるので、慎重にチェックします。調剤ができたら薬を手渡しますが、薬の飲み方などを指導し、注意すべき点があれば忘れずに伝えます。

患者さんが増えると薬局も混みあいますが、一人ひとりの患者さんに対して正確な調剤をし、きちんと説明をするのは言うまでもありません。お昼にいったんお店を閉める場合はいっせいに休憩をとりますが、 そうでない場合は交替で休憩を取ります。

忙しいと、なかなか休憩に行けないことも有ります。休憩が終わると再び仕事に戻ります。患者さんが少ない時間帯には足りなくなりそうな薬を補充したり、必要があれば発注をかけます。この時適正な分量の発注をしないと、薬が足りなくなったり逆に余ってしまうことになりますから注意が必要です。

閉店時間になり、患者さんがお店からいなくなったらシャッターを閉め、片付けや清掃を行います。正社員の人はフルタイムで働くことが多いですが、パートタイムの人もいるでしょう。 契約によって、閉店時間よりも前に帰宅することがあります。

いろいろな勤務形態の人がいる中で、作業を分担して協力しあって仕事をしていくことになります。