パート薬剤師の働き方について

薬剤師求人 > パート薬剤師として働く場合の注意点

パート薬剤師として働く場合の注意点

薬剤師資格が必要な仕事に就く場合、パート勤務でも高い収入が期待できます。そのため、正社員としてではなく、パートという形で薬剤師の仕事に就く人も増えてきました。

ただ、パートの薬剤師として働く場合、いくつか注意しておかなければならないことがあります。まず、自分はパートとして働いているということを理解していたとしても、患者さんにとっては正社員の薬剤師であろうとパートの薬剤師であろうと変わりはないということです。

当然のことながら、自分は正社員ではないからといってお客さんや患者さんに対して適当な対応をしていいというわけではありません。それから、働き始めたばかりの時期はわからないことも多いと思いますが、だからといってミスが許されるわけではないということを十分に理解しておきましょう。

責任や仕事内容については、常勤の薬剤師とそれほど変わりはありません。ですが、立場や役割についてはパートの薬剤師よりも常勤の薬剤師のほうが上という扱いになり、パート薬剤師の中には不満を抱えてしまう人もいるようです。

ただ、パートとして働いている人の中には、子育てが忙しく子供の関係で急に休みを取ることになったり、ご主人の転勤の関係で急に職場を辞めることになってしまう人もいますよね。そういった人に重要な仕事を任せるのは職場にとってもリスクが高いため、これは仕方がないことだとも言えるかもしれません。

パート薬剤師として働く場合は、自分でやりがいを探すことをおすすめします。薬剤師という仕事はコミュニケーション能力が重要な仕事と言われることが多いのですが、患者さんとどう向き合っていくかということもよく考えなければなりませんよね。

常勤の薬剤師よりも立場が下だからといって適当に働くのではなく、患者さんから信頼してもらえるような薬剤師になることができるよう努力しましょう。パートの薬剤師は常勤の薬剤師をサポートするというとても大切な立場にいます。

自分はパートだからと考えるのではなく、同じ職場で働く薬剤師として、常勤の薬剤師と支え合いながら働いていきましょう。